パソコンが起動しないなら専門業者に依頼が確実

光学メディアへの映像保存

DVD

以前は映像の記録方式としてVHSなどのテープが主流でしたが、近年ではDVDやブルーレイといった光学メディアに移行しています。教育機関やブライダル業界の他、一般企業でも社内研修等でDVDを配布・販売するケースが増えています。DVD制作会社は高いダビング技術力でディスク品質とコストを両立させています。

大容量データを安全に送る

女の人

業務で扱うデータは大きすぎたりして、メールでは送れない場合があります。そのような状態で、社員が勝手に無料オンラインストレージを利用していると、便利とは言えリスクが考えられます。信頼性を考えるためにも、法人向けのデータ送信サービスを考えてみましょう。

情報資産を守るために

会社

会社の心臓部に潜むリスク

現在の企業においては、パソコンが起動しないと全く仕事ができないといっても過言ではない。本来ならばパソコンの電源ボタンを押せばメーカーやWindowsのロゴが画面に現れ、起動していくはずである。しかし、画面がずっと真っ暗で起動しないことがあるのだ。その場合は何らかの不具合があると考えることができる。ノートパソコンを使用している場合に特に多いのがマザーボードの故障である。マザーボードはパソコンの部品の中でもいわば心臓部というべき非常に大事な部分である。それゆえに交換するには分解するなど非常に高度な技術が求められる。またその価格も非常に高額である。企業においては、パソコンが起動しないというのは情報や業務だけでなく、コスト面でも大きなリスクであるという認識を持つことは非常に重要である。

データは会社の大事な資産

リスクを回避するためにまずできることは、必ずデータのバックアップを取って起動しないパソコン以外のものでも利用できるようにしておくことである。マザーボードの故障であっても、中のメモリやハードディスクは壊れていない可能性は高い。しかし、修理代や部品代に大きな費用が掛かるために買い替えたほうが安い場合もしばしばである。その場合、データも廃棄処分となってしまうのだ。そうならないためにもバックアップは非常に重要な手段である。また、復旧業者に依頼するのもいいだろう。高い技術を持っている業者であれば、中にあるデータを失うことなく、パソコンのトラブルを解決してくれるのだ。業者を選ぶときは、できるだけ会社から近いところにお店を構えている業者がおすすめである。その理由は依頼から自社までの到着時間が早いからだ。

サーバーやRAIDの復旧

男性

ネットワーク環境の進歩により、PCやサーバーのHDDにも高い負荷がかかるようになって故障率が高まっています。1台で複数のサーバーとして分散処理する仮想サーバーが故障した場合、データ復旧の難易度が上がります。RAID復旧で技術を磨いてきたデータ復旧センターでは、仮想サーバーの復旧成功率も高いものです。